読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ・ライフ

空欄に書く気持ち良さとか。

#特撮イベント部 的なライブハウスの楽しみ方

先週発表になりました「特撮部Presents 岩下直人 10th anniversary LIVE」皆様チェックいただいてますでしょうか?

 

f:id:Aoi_TSK:20170427010452p:plain

参加受付は下記入力フォームから、先着順でのご案内になりますー。

特撮部Presents 岩下直人 10th anniversary LIVE 前売り申し込みフォーム

 

昨日は岩下さんの熱い思いがご自身のブログにアップされてました。その思い…その熱さ……さぞかしライブでも見られるじゃないかなーと思っております。

 

ただちょっとハードル高そうって思うのが「ライブハウスでのライブ」っていうところ。

もしかして皆さん……ライブハウスってこんな風に思ってたりしませんか?

  • なんか暗い
  • なんか煙たい
  • なんかうるさい
  • なんかバランスみたいな口調のやつが「ねーねーかわウィーねー」って言ってきそう
  • なんか男二人向き合ってマイク持ってビートに乗せてお互いをdisするリリックをfrowしてそう
  • なんか北斗の拳とかみたいな格好しないとダメそう
  • なんか北斗の拳とかみたいな格好の人がぶつかってきそう
  • なんか後ろの方で変な取引してそう

皆さん、思違いです!!!w

まぁ、そういうところもあるのかも……って気もしますが……

あ、念のため……俺フリースタイルダンジョン好きですよーDOTAMAさんとか好きですよー
モッシュも場所とか考えてもらえればありだと思いますよー

 

さて、今回はもしかしたら英雄祭みたいな大きな会場のライブしか経験したことがないみたいな方々のために、ライブハウスならではの楽しみ方をお伝えできればと思います。

 

1. アーティストが近い

そもそもライブハウスってどんなところか……なんか色々法律上のーとか言うつもりはありませんが、簡単に言えば「音楽特化型の喫茶店」ぐらいのイメージでいいと思います。

で、広さはというと、もちろん場所にもよりますが、喫茶店の方が広いくらいでしょうか。

そんなスペースの前方ににステージが組まれています。

ということは必然としてアーティストと参加者の距離は狭くなります。

感じる「生感」みたいなのも桁違い。

武道館の席が野球の内野や外野だとしたら、ライブハウスはフィールドシート、グラウンドレベル、下手したら審判の位置まで近づいてると思ってもらってもw

 

2. 音楽をじっくり感じれる

皆様はプリキュアの後はチャンネル変えちゃう派ですか?

変えない派の方は「題名のない音楽会」が映ってるはずです。

え?テレビ消してる??アッハイ…。

 

あの番組では演奏者の手元が時折映ったりしていますが……アーティストが近いってことはそんな演奏者の手元もバッチリ見れるんです。

私はよくドラムやパーカッションの方の手元を見ていることが多いのですが、その手さばき脚さばき……毎回見ても鳥肌が立ちます。

また、うるさそうって声もあるかと思いますが、ライブハウスにはプロの音響さんがいます。むしろ心地いい、気持ちいい音量をキープしてくれるのがこの方の役割。

耳ではもちろんですが、目でも、そしてもしかしたら低音を肌でも感じれる。

それも大きいなと思います。

 

3. ライブならではのアレンジもある

題名のない音楽会」を見てる方も見ていない方も、一部を除けば1曲にはいろんな楽器が使われている事はご存知かと思います。

でも、ライブハウスは狭いです。ステージに立てるアーティストの数も楽器の数も限られてしまいますが……そうなってくるとその数で賄うために曲をアレンジするということになります。

聞き慣れた曲も若干変わった形で演奏される、その違いを感じて面白がるというのもライブハウスのライブの醍醐味ではないかと思います。

楽器少ないんだったらしょぼくなってない??なんて思う人もいるかもですが……得てしてそうはならないんですよね。ライブアレンジは面白味を持って聴けますよー。

 

4. ずっと立ってないといけないわけでもない

ライブハウスって言うと、よくメタルとかであれば客が前でわーきゃー騒ぎ、まるで満員電車の中みたいにおしくらまんじゅうし合い……なんていうのもあるかと思います。一応このことを「モッシュ」と言います。ちょっと前SpotifyのCMで部長がメタルと出会って通勤モッシュを楽しんでるなんてのもありましたが……w

それつらいわーって人はいるでしょう。でもそれはライブハウスごとの特徴によってかなーと思います。

私が知っているところでは、客席の奥が小上がりで畳敷きでこたつ…みたいなところもありましたしw

今回のライブハウスは1階はスタンディングになってしまうのですが、2階席があり、そこにはひな壇や椅子があって、ゆっくりもできる感じになっています。

もちろん2階からもステージを見ることはできますー。

 

5. アーティストと触れ合える

やっぱり大きいのはここだと思います。

ライブハウスでは基本的に楽屋みたいなところはあるにはありますが、演奏の合間の時間なんかは割とアーティストさん客席にいたりしますw

そういった休憩の時間、そしてライブ終了後、ちょっと挨拶やお話なんかするのもありです。

生で聴いて、その感動を直に相手に伝えられるというのもなかなか素敵な場じゃないかと思います。

 

こんな感じでライブハウスの楽しみ方、一部ではありましたがお伝えしました。

がっつり音楽を楽しむには最高の場所って事、そしてハードル高いようなところでもないよっていうのが少しでも伝わればと思います。

 

そして、こういうところで特撮曲を聴けるっていうのは割と貴重だったりします。

もちろん実際の特ソン歌手の方のライブなら聞けたりはしますが、普通は持ち歌を演奏するはず……でも岩下さん、特ソンでやりたいっていうもんですからそりゃ飛びつきます乗っかりますw

スタッフしてる面々も楽しむ気満々です。一緒に楽しみたいなーと思ってますので、ご都合よろしければ是非〜!

 

他に会場についてとか気になっていることがあれば、私あてにご連絡頂いても構いません。お問い合わせもお待ちしておりますー。

見ました! 仮面ライダーエグゼイド 第28話 Identityを超えて

もしかして例外かなーとも思っていたんですが、やはりポッピーも消失した人間から生まれたバグスターだったようです。

バグスターは生まれた時から人間の脅威である……ただその元となったゲームがPOPでCUTEなドレミファビートだった…ということでゲームとしてのアイデンティティが「みんなと楽しくドレミファビートがしたい」だったのでしょうね。

うん…よかった。

ドレミファビートが音楽楽しむ系のゲームで……w

 

私自身、音ゲーbeatmaniaIIDXの確か11thstyleぐらいまではしっかりやってたんです。

その頃のbeatmanaというかBEMANIは割と音楽を楽しむというよりは、シーケンサーの正確さについていくというか、ある意味人間の限界を超えていけみたいなものになってるのを感じてまして……それで興味を失ったってところがあります。

そもそもbeatmaniaもDJのシミュレーションゲームが始まりって感じだったと思うんですが、だんだん「DJこんなに大変だったらクラブで回すのなんて狂気だろ。むしろ本物だったらいかに楽するかだろw」って思ってしまったのもあるかもしれませんw

だいたいDANCE EVOLUTIONとかもありましたけど、アイドル曲を実際の振り付けで踊るってところは本当にいいんですが……プレイヤーみんな真顔ってところにあれ?って思ってしまって……もっとダンスを楽しめよ……って感じて結局プレイしないままでした;;

 

えっとKONAMIに対しのて愚痴はいいとしてw

 

こうなってくると、よくわからなくなってくるのが仮面ライダークロニクルです。

そもそもバグスターはニコが3体仕留めてますが、バグスターこの世界に1体しかいないんですよね?

ってことは13体のバグスターをすべて仕留めるのは今の所ニコしかできない??

しかもポッピーは攻略されてるから、もう仕留めることができない??

さらにポッピーもうナビゲーターやらないだろうからチュートリアル無しw

 

もっと言うと…

究極体のバグスターが感染させて、さらに発症したら何が出てくるの?
あのサバゲーのお兄さんがボコボコした結果ポッピーになったりするの??

 

ということで、いよいよ仮面ライダークロニクルのアイデンティティ自体がよくわかんなくなってきました。

きっとこれも、永夢と遊ぶためのパラドの策って感じなのかなー。

ポテチ少なくなりました

最近ガチでポテチ少なくなりましたね。

ちょっと前まで多彩な味、これは認めねーよって味までありました。

あ、基本的にチョコとかスイーツっぽいやつは無理ですゴメンナサイw

 

でも最近はオーソドックスなうすしお、のりしおぐらい、コンソメもコンビニによってはない感じですし……さすがにパクチーのやつは手が出ませんw

 

ちょっと前に近所のコンビニに「品薄で入ってこなくなるかも!」みたいな張り紙があり、正直「煽ってんじゃねーよ!」ってイラッとしてたんですが、本気でなくなってそうです。

 

スーパーも同様、スナックコーナースカスカです。

ただ割と多めに在庫があったのが……プロ野球チップスでした。

買いですねコレは!

 

と思って4袋ほど買ったのですが……西武の選手が出ない;;;

牧田さん引くのが早いか、それともポテチの復旧が早いか……

 

見ました! 宇宙戦隊キュウレンジャー Space.11 宇宙を救う3つのキュータマ

さて某ライダー小説にも話題になったアルゴ座探しが本格化する中、アンラッキューになったラッキー。
あれだけラッキーだったらこういうことも……って思ったんですが、ラッキーが勝手にラッキーと思い込んでる時もありましたねw

だから今回も「星座占い88位だぜよっしゃラッキー!こんな位置いられるなんてそうないぜ!」ってなる気もするんですが、そうはいかなかったようです。
だからイカーゲンが強いとか、今回起こったアンラッキーなことも、割とこれまでも起こっていたような感じもあり……
以前ショウ司令も言っていたように、ラッキー+ポジティブというのがラッキーの強み。そのポジティブが変わってしまったという感じがしました。

そりゃ過去のフラッシュバックもあります。そこらへんは来週とかに語られるんですかねー。


さて、マーダッコさん復活ですよ。
しかもお嬢様風の性格になって復活。
前のはすっぱな性格なら棍棒もアリだけど、この性格に棍棒……ある意味ギャップ萌えもあるのかなぁw
ひとまずこの性格についてはちょっと様子見します。素敵な一面も今後見られるかもしれませんし……また変わるかもしれませんしw

さて、今回も前回に続いて多かった登場キュータマ。
使っタマまとめです。

キュータマ名 効果 初登場
ウサギキュータマ ジャンプ力アップ space.11
ミズガメキュータマ 放水 space.11
ロキュータマ 焚き火出現 space.11
コップキュータマ ロゴ入りのコップ出現 飲み物は自分で調達w space.11
ラシンバンキュータマ 他のアルゴ船キュータマの場所を導き出す space.11
オオグマキュータマ ビッグベア司令の幽霊召喚 おっきくなる space.10
リョウケンキュータマ 嗅覚機能アップ space.10
トカゲキュータマ 柱を自由によじ登る space.10
ケンビキョウキュータマ 微細なものを見ることが可能 space.10
タテキュータマ 大きな盾で防御 攻撃反射 space.10
ウオキュータマ おさかなGet! space.8
エグゼイドキュータマ 仮面ライダーエグゼイド召喚 space.7
オヒツジキュータマ 敵を眠らせる space.7
ペガサスキュータマ ペガさん装備 space.6
カニキュータマ カニバサミ space.4
ボウエンキョウキュータマ ライフルスコープ space.4
フタゴキュータマ 2人に分裂 space.3

コップと炉と水瓶と魚
これバーベキューに最適な組み合わせですね。
カニとおひつじにもウオキュータマみたいなスキルがあればいいのにw
……ニホンシュキュータマない?…ですよねー

あと、なにげに12星座もあと3つなんですね。
揃ったら何か起こったりするのかな……みんなゴールドになったりとか……。

ぼーっと日曜日。

なんか1日特に何するでもなくボーっと過ごしちゃいました。

何もしなかったわけじゃないんですが、ちょこっとやって終わってちょこっとやって終わって…みたいなのの繰り返し。

 

最近いろいろタスクもあったし、仕事も忙しい時期ってこともあるし、まーたまにはこんなのもいいのかもしれないっですねー。

何で今日はキューレンジャーもエグゼイドも見れていない状態。TL見るにまーどうもいろいろあったって事らしいですが、ここら辺は明日以降に先延ばしという事で。

 

ねー、変に昼寝すると頭ぼーっとしてよくわからなくなりますねー。

 

#特撮部 Presents 岩下直人10th anniversary LIVE 情報が解禁されました!

昨日も触れました特撮〇〇部ですが、カラオケ部の関連でお知り合いになれた岩下直人さんというアーティストがいらっしゃいます。

普段は都内のライブハウスや、ご出身の宮崎県川南町の観光大使としての活躍をされている方なのですが、この方無類の特撮好きで、いずれは特ソン歌手に!という大きな夢を持っていらっしゃるのです!

 

さて、そんな岩下さん、アーティストとしての10周年記念でなんと特ソン重点なライブをするということで、これは乗っかろう!w と動いたのが特撮〇〇部の有志でした。

 

そんな流れでできたイベントがこちら〜!

f:id:Aoi_TSK:20170422201723p:plain

『特撮部Presents 岩下直人 10th anniversary LIVE』!

6月24日(土) 開場13:30 開演 14:00

場所は赤坂のライブハウスCrawfish(http://crawfish.jp)

参加費は上のフライヤーの通り、一般、中・高生、小学生以下でそれぞれ設定されており、加えてドリンク代が入ってきます。

会場はオールスタンディングとなりますが、2階席では座って楽しむこともできます。

 

こちらのライブですが、前述の岩下さんの歌はもちろん、スペシャルゲストとして現在第30回ジュノンボーイの審査真っ只中、こちらもいずれはヒーローを目指す森川竜太郎さんの出演が決定しています。

 

さらにまだ出演が決定していないアーティストがおそらく数組……

なんと、参加者の中で希望された方から抽選で生バンドによる特撮カラオケが企画されています。

ここら辺、特撮カラオケ部の本領発揮ってところですねー!

 

さらに、あの部が……って感じで企画もどんどん詰められている状態です。

参加希望の方は、以下のURLの飛び先から申し込みください。

特撮部Presents 岩下直人 10th anniversary LIVE 前売り申し込みフォーム

なお、こちらは会場のキャパシティにより、規定の人数の申し込みを超えてしまった場合は先着順となります。ご予約はお早めにー。

 

また、他にも情報は岩下さんのブログにも出てくるかも……こちらもチェックしてみてください。

ameblo.jp

 

 

そうそう、我らが特撮書道部ですが、地味ながらフライヤー作成させていただきました!

わかる方ならお察しなデザインですねw

おそらく当日は地味にスタッフしたいと思います。

特撮好きの熱い皆様と当日盛り上がれることを心から楽しみにしていますー!

 

コラボする書道部

筆が走る金曜の夜、皆様いかがお過ごしですか?

地味ながらまだ生きてます、特撮書道部ですw

 

さて、現在マネージャーTA_Kさん管轄では18あると言われる特撮〇〇部、その中でも最もシンプルで、最も上げてる画像の色数が少ない部でありますが、じわじわと皆さんに侵食しております。

 

侵食という意味では……ちょっと他の部への侵食もしていたりもしまして……シンプルなので合わせやすいってのもあるのでしょう。

ご迷惑をおかけしております、特撮書道部ですw

 

これまで同じ筆系ということで相性が良さそうな特撮おえかき部、書を背景に使って特撮撮影部、そしておそらくこのネタ限定っぽい特撮変身部とのコラボが実現しております。

他の部との可能性も無限大!

次はあなたの部かもしれませんw

 

レッツラまぜまぜー!!←