ウラガミ・ライフ

空欄に書く気持ち良さとか。

「2因子間網羅」ってのをやってみたよ

今日仕事で、ある考え方を使ってみたのです。

それが「2因子間網羅」というもの。

 

といってもピンと来ませんよねー。

来週これを説明を会社の人にしないといけないので、一旦この場を借りて整理しようと思います。

 

どういうものかというと、組み合わせでのテストを行う場合に使うのですが……例えば以下のような値を取り得る状態があるとします。

  • エグゼイド:マイティアクションX, ゲキトツロボッツ, マイティブラザーズXX, マキシマムマイティ, ハイパームテキ(5種類)
  • ブレイブ:タドルクエスト, ドレミファビート, タドルファンタジー, タドルレガシー(4種類)
  • スナイプ:バンバンシューティング, ジェットコンバット, バンバンシミュレーション(3種類)

もしこれらのすべての組み合わせを洗い出すと、5×4×3=60通りとなります。

このすべてを全部試したとしたら大変です!

1パターンのテストが15分かかるとしたら……15時間かかっちゃいます。

勤務時間で考えたら2日間!

 

で、愚直に2日間かけるのもいいんですが、これをもっと楽にしようというのが「2因子間網羅」になります。

 

どういうものかというと、それぞれの「水準」(ここではライダー)の持っている「因子」(ここではガシャット)のうち、2つの因子の間の組み合わせを網羅するという考え方。

なんか大抵のバグは2つの因子の組み合わせ間で起こるという言い伝えがあるそうで…それに基づいた考え方みたいですよ。

 

で、この組み合わせを作るのには色々ツールがあるのですが…

やってみた結果はこうなります。

  エグゼイド ブレイブ スナイプ
1 マイティアクションX タドルクエス バンバンシューティング
2 マイティアクションX ドレミファビート ジェットコンバット
3 マイティアクションX タドルファンタジー バンバンシミュレーション
4 ゲキトツロボッツ タドルクエス ジェットコンバット
5 ゲキトツロボッツ ドレミファビート バンバンシミュレーション
6 ゲキトツロボッツ タドルファンタジー バンバンシューティング
7 マイティブラザーズXX タドルクエス バンバンシミュレーション
8 マイティブラザーズXX ドレミファビート バンバンシューティング
9 マイティブラザーズXX タドルファンタジー ジェットコンバット
10 マキシマムマイティ タドルクエス バンバンシミュレーション
11 マキシマムマイティ ドレミファビート ジェットコンバット
12 マキシマムマイティ タドルファンタジー バンバンシューティング
13 ハイパームテキ タドルクエス バンバンシミュレーション
14 ハイパームテキ ドレミファビート バンバンシューティング
15 ハイパームテキ タドルファンタジー ジェットコンバット

 

みてみると、例えばエグゼイドの「マイティアクションX」はブレイブの4つのガシャットとスナイプの3つのガシャットそれぞれの組み合わせが網羅されている。

これはどのガシャットに対しても言える状態と思います。(多分w)

このパターンで行けば15通り!1パターンのテストが15分かかるとしても4時間かからない!素敵!!!

 

ま、ただしこれは「大抵のバグは2つの因子の組み合わせ間で起こるという言い伝え」を信じることが大前提です。

とはいえ、「なんか技を使ってやりました感」は結構ありますので、使えそうな場面があれば試してみるのもありかもしれません。

 

どこだ使えそうな場面w