読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウラガミ・ライフ

空欄に書く気持ち良さとか。

遊びのない梅

私の記憶が確かならば、全国を縦断しながら甘い物早食い対決をしている珍道中*1の最中、埼玉県川越市で、その一向の一員である大泉洋氏が言った言葉……それが「遊びの無い梅」です。

 

氏が味わった川越市のそのものというわけではありませんが、先日それに遭遇いたしました。

丁度里見人の写真展に行った後、立ち寄った汐亭さんにそれはあったのでした。

http://tabelog.com/chiba/A1207/A120704/12016142/

 

醤油などと一緒に置かれた蓋付きの小鉢、それを開けると真っ赤で大きな梅が!

サービスだという事で、それを口にすると、もぉすっぱいのしょっぱいのー!

他の料理とても美味しかったんです……でもこの梅とご飯があれば幸せになれる!

その場にいた誰もが思った事でございます。

 

そして同行したU婦人はとうとう行動に出ました。

ご飯に梅干し置いて、お茶かけやがった!!!

ずるい、ずるすぎる!何この人すげー満足な表情してるしー。

 

えー、こちらの梅ですが、10個ほど入った小さめのタッパーで150円でお持ち帰りができます。確かもう少し大きいサイズもございましたー。

館山にお運びの際はぜひぜひ、この本気な梅、ご賞味ください!